我が家のラブラドール・レトリーバー三姉妹のおまぬけ放浪記


by catcatcat7
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:未分類( 31 )

新Blog
c0078139_7332037.jpg

「三姉妹のおまぬけ放浪記」をいつも見ていただいて、ありがとうございます。「三姉妹のおまぬけ放浪記」はそのまま新たに「子犬の子育て日記」と題した、新Blogをスタートさせました。下のタイトルをから又はマイリンクから入れますので是非ご覧下さい。
■■子犬の子育て日記■■
[PR]
by catcatcat7 | 2007-01-13 07:37
生まれてくる子がどの様な血統なのか気になるものです。

血統書とはそもそもなんなんでしょう?私は血統書がどうであれかわいいわが子として三姉妹を育ててきました。しかし、いざ繁殖となると気になり改めて血統書に目を通しました。いろいろな事が見えてくるものですね。改めてビックリしました。

母親 「エピ」 の血統証は下にスキャンしました。
c0078139_17404739.jpg

分かりにくいので、活字にてチャンピオン以上の良いところだけ説明いたします。
父方 祖父 CH アメリカチャンピオン
    曾祖父 アメリカチャンピオン
    曾祖母 アメリカチャンピオン
    曾祖父 アメリカチャンピオン
母方 曾祖父 インターナショナルビューティーチャンピオン


父親 「スコッチ」 の血統証は下にスキャンしました。
c0078139_17411256.jpg

分かりにくいので、活字にてチャンピオン以上の良いところだけ説明いたします。
父方 祖父 CH オーストラリアチャンピオン
    祖母 オーストラリアチャンピオン
    曾祖父 イギリスチャンピオン
    曾祖母 オーストラリアチャンピオン
母方 曾祖父 オーストラリアチャンピオン


この機会に血統証を眺めていて気がついたこと。

・「エピ」の母方にインターナショナルビューティーチャンピオンがいた事、「スコッチ」の父方にイギリスチャンピオンがいた事に誇りを感じました。
この二つのタイトルは、なかなか取れないものらしい。

・「エピ」「スコッチ」それぞれの父方の祖父がCH(チョコレート)だったこと。子犬にチョコが出る確立高いと思われます。
[PR]
by catcatcat7 | 2007-01-07 18:41

結婚・妊娠しました。

こんにちは、えぴ子です。
c0078139_11461594.jpg

ひさしぶりです。ここしばらくは、パパの仕事やパソコンの故障それに私の妊娠などてんてこ舞いでなかなか更新できなくてごめんなさい。これからはできるだけ頑張るってパパが言ってます。よろしくお願いします。

さて、私。このほど結婚しました。11月23日。
お相手はスコッチ君。 3歳。 下の写真の子です。
c0078139_12271315.jpg

すぐにスコッチ君の子を授かり1月の25日には生まれる予定です。
3日前にはエコー検査をしてもらいました。体長約1cmほどの子が私のお腹の中で元気にしていました。
c0078139_12185834.jpg


これからか近況報告や出産の様子や子供の成長など書き込みますので、楽しみにしていて下さい。
また、子犬が欲しい方がいましたら御紹介くださいませ。お渡しはたぶん3月末頃だと思います。
[PR]
by catcatcat7 | 2006-12-31 12:42

お友達紹介

ジュピター君を紹介します。
c0078139_11311875.jpg
c0078139_11313039.jpg

チョコレート色のフラットです。大変珍しいわんこです。私も始めてお目にかかり光栄です。初めての出会いからもう軽く1年はたつと思いますが、会う度に美しさに磨きがかかっている様です。我が家のココもチョコで、ほとんど色味は変わらないのですが、唯一の違いは耳です。ジュピター君の耳はなんと金髪なんです。写真ではあまり良くわからないかと思いますが、耳だけが金髪に輝いていてチョコの頭に金色のふわふわな房のようなもので飾ってあるかのようです。初めて会ったとき私は失礼にも、耳だけブリーチしたのですか?って聞いてしまったほどです。ジュピター君の普段の行動範囲は、三軒茶屋・上馬・駒沢・弦巻。見かけた方は、是非耳に注目してみて下さい。
[PR]
by catcatcat7 | 2006-10-22 15:52

深夜の我が家

深夜の我が家はソファーの取り合い
c0078139_11245763.jpg
c0078139_11252027.jpg
c0078139_11253356.jpg



みんなリラックスタイムは、ふかふかなソファーが良いらしい。
毎夜始まるソファー争奪戦!おねむなこのときは、そう簡単には猫もどかない。仲良しなんだか悪いんだか・・・?静かなる戦いは、相手を変えながら一日中続いた。
[PR]
by catcatcat7 | 2006-09-02 13:26
近所の児童公園にて

更新にずいぶん時間がかかっててしまいました。ごめんなさい。
c0078139_11213636.jpg
c0078139_112262.jpg
c0078139_11222448.jpg

皆さんは、夏休みはどちらで過ごされましたか?私も犬連れでどこかに行きたいところでしたが、あいにく仕事で今年はどこにも行けませんでした。それどころか忙しくて砧公園にも出かけられない状態でした。いやーまいりました。。。これからは少し楽になるので、また砧公園にもいけそうです。来週あたりは犬連れで川遊びにでもでかけようかな。
[PR]
by catcatcat7 | 2006-08-23 20:50

夜明けの公園

朝4時30分ごろ、朝靄の中で・・・。
c0078139_11183276.jpg
c0078139_1118542.jpg
c0078139_1119913.jpg
c0078139_11192791.jpg

早朝の砧公園。朝靄が芝に潤いを、太陽が雫に輝きをあたえる時間。とっても気持ちいい。この時間いつもと違った公園の姿が私や犬達にも安らぎを与えてくれる。
[PR]
by catcatcat7 | 2006-08-11 17:39

我が家の猫 3

我が家の4女と次男です。

4女 グー です。
c0078139_11111849.jpg

次男 壱 です。
c0078139_1111593.jpg

c0078139_1116985.jpg

グーは大田区の生花市場横の大きな空き地で保護されました。我が家にはグーと一緒に鉄君という子も来たのですが、今は友人のお家で暮らしています。
我が家に来たときのグーは500gぐらいしかなかったのに、今では堂々の6Kg級となりました。
壱が来てからは、一番の若さなのか壱の母親代わりを勤めてくれています。
最近の壱君は、だんだんやんちゃになり、部屋中のあらゆる物に興味を示しじっとしていません。自ら犬のほうに行って見たり、挑発して追いかけられると嬉しそうに逃げ回っています。
[PR]
by catcatcat7 | 2006-08-09 12:17

我が家の猫 2

我が家の次女と3女です
次女のももです。
c0078139_118552.jpg

3女のひめです。
c0078139_1174637.jpg

この二匹は、とある怪しいペットショップから我が家に来た子です。店主によれば実の兄弟であるとらしい。このペットショップは通常犬専門店なのだ、そこになぜか猫が・・・?今も存在するかは定かではないが、当時その店の経営はヤクザさんの経営だった。店も汚く狭く衛生状態も悪かった。近所からの評判も悪く普段はあまり店の前にも行かなかった。しかしその日は用事があり仕方なくその店の前を通った。すると店先に鳥かごのような小さなかごを出し特売品と書かれていた。真夏のひどく暑い日だった。大人の私でも辛い炎天下の日だった。何気なく覗くと中にこの子達がいたのだ。体力のない子猫にとってどれほど辛かったのだろう、ぐったりしていた。私はすぐさま店主に交渉した。結果はやはり買い取らざるえなかった。その代わり私が用事を済まし帰るまで、店内の涼しいところに入れておいてほしいと頼み急いでその場を離れた。
自宅に帰り健康状態をチェックした。とくに問題点もなく大丈夫だと思ったが、念のために獣医さんへ。ここでも問題は無かったので、ワクチンを打っていただいた。
後にこの店の内情の詳しい人と話をして分かった事だが、血統証の付けられない犬を安く売るのが本業らしい。猫に関しては、さまざまな事情で持ち込まれた子猫をただ同然で引き取り売っていたことが分かった。
このような店はもう世の中に存在していない事を、私は望みます。
[PR]
by catcatcat7 | 2006-08-06 11:37

我が家の猫 1

今日から3日連続で、1日2匹ずつ我が家の猫達を紹介します。

長女 ミィー
c0078139_1111695.jpg

三毛猫の女の子。大田区のある子猫救済ボランテアさんから我が家にやってきました。当時の彼女は、栄養失調で衰弱し生きている事が不思議なほどでした。おそらく親猫が衰弱したこの子を見放した直後の保護だったのだと思う。性格的におとなしく乳も他の兄弟達に奪われあまり満足に飲めなかったような感じで免疫力や体力も極端に落ちていた。今も時々喘息や鼻炎がでる。冬場は私の布団にもぐりこむ甘えんぼさんである。

長男 テク
c0078139_1113411.jpg

茶トラの男の子。この子との出会いは、何か運命を感じる。それはこの日をさかのぼる事半年前、長女ミィーと一緒に我が家にやってきたノンが、猫腹膜炎で亡くなりました。推定8ヶ月。私も幼かったミィーもとてもショックでした。ミィーのために何とか兄弟と考え始めたある日の夜、私が車で友人を送った後の事だった。あまり知らない場所を走っているとトイレに行きたくなり、コンビニか公園のトイレを探す事に。少々迷いぎみに15分ほど走っただろうか、突然道路が行き止まり。Uターンしたときに目の前にナビにも出ない小さな公園を発見!よく見るとトイレもあった。すっきりして公園の中を冷静に見つめると、ベンチの上にひとつのダンボールを見つけた。不思議と引き寄せられるように、中を覗くとテクが口の開いたカラッポの猫缶の横ですやすや寝ていた。猫缶とかわらない大きさのテクは寂しくて悲しくて箱から出る事もできなっかたテクは、寝る事しか気を紛らわすことができなかったのであろう。覗きこむ私に気付き、火がついたように叫びだした。
よほどお腹が空いていたのだろう。我が家でまず、元気よくいっぱい食べた。
テクを一番歓迎したのは、ミィーだった。その日からミィーの懸命な子育てが始まった。
[PR]
by catcatcat7 | 2006-08-04 21:45